運輸安全マネジメント

2020年04月01日更新

【 安 全 方 針 】

1.関係法令等の遵守
安全に関わる法令及び、規程を遵守し、厳正かつ忠実に職務の遂行に努める。
2.安全優先の原則
安全優先の原則を事業理念の中核と考え、社員一人ひとりが責任と誇りを持って職務に取り組む企業風土の構築に務める。
3.安全管理体制の継続的改善
『安全管理体制』の向上のため、P.D.C.Aサイクルを活用した継続的な改善に務める。

 

【 社 内 へ の 周 知 方 法 】

・本社事務所・倉庫及び、事業所に掲示する

・毎月、安全教育の資料に添付して回覧する

 

【 2020年度 安 全 目 標 】

(1)安全確認の徹底 と 事故件数【前年度比50%削減】
▶ 人身事故、重大事故は【0件】を目標とする
(2)交 通 事 故 抑 止
①人 身 事 故:目 標【0件】
②車 両 事 故
・自動車事故報告規則第2条に規定する事故:目標【0件】
・加 害 事 故:目 標【7件未満】
・自 損 事 故:目 標【3件未満】

【 目 標 達 成 の た め の 計 画 】

一年を通じて安全への意識を高める取り組みを計画し、順次実践していく。特に安全会議は内容を見直し、運転者がより安全を意識する場として活用する。

 

【 安 全 に 関 す る 情 報 交 換 方 法 】

毎月実施される運転者に対する「安全会議」において輸送の安全に関する情報交換の機会を設ける。

 

【 安 全 に 関 す る 反 省 事 項 】

内部監査は毎年1月実施し、問題点等の結果については後日、本社事務所・倉庫及び、事業所に掲示する。

 

【 反 省 事 項 に 関 す る 改 善 方 法 】

内部監査により把握した問題点等の改善については、P.D.C.Aサイクルに則り必要に応じて、緊急・恒久的な対策を講じる。

 

【 事 故 統 計 〈 2019年 度 〉 】

人 身 事 故 件 数2件
車 両 事 故 件 数21件
内訳加 害 事 故15件
自 損 事 故6件
自動車事故報告規則第2条に規定する事故0件