株式会社大松運輸 行動計画

2019年11月12日更新

次世代育成支援対策推進法に基づく行動計画

 

社員の働き方を見直し、特に女性社員の継続就業者が増えるよう、妊娠・出産・復職時における支援に取り組む。また、社員が仕事と子育てを両立させることができ、社員全員が働きやすい環境を作ることによって、すべての社員がその能力を十分に発揮できるようにするため、次のように行動計画を策定する。

 

1.計画期間

令和元年8月9日~令和4年8月8日までの3年間

 

2.内容

【目標1】女性社員が妊娠~出産に際し、安心して継続就業ができる環境を整備する。

[対策]

・令和元年7月~具体的な要望について、女性社員にアンケートを実施
・令和元年7月~母性保護・母性健康管理についての情報収集
・令和元年8月~母性保護・母性健康管理の制度についての周知(資料の配布、ポスターの掲示など)

 

【目標2】妊娠中や産休・育休復帰後の女性社員のための相談窓口を設置する。

[対策]

・令和元年7月~相談窓口の設置について検討
・令和元年8月~相談員の研修
・令和元年8月~相談窓口の設置について社員への周知(資料の配布、ポスターの掲示など)

 

【目標3】妊娠~出産、復帰~育児期間中に柔軟な働き方ができる環境を整備する。

[対策]

・令和元年8月~妊娠期間中の定期検診等による通院に配慮した仕組みの検討
・令和元年9月~復帰後の育児に配慮した勤務体系の検討
・令和元年9月~制度としての整備と社員への周知(資料の配布)

 

【目標4】産前産後~育児休業、男性社員の育児休業、育児休業給付、育休中の社会保険料免除など、制度の周知や情報提供を行う。

[対策]

・令和元年8月~法に基づく諸制度の調査
・令和元年9月~制度に関するパンフレットを作成し社員に配布

 

【目標5】育児休業等(特に男性社員)を取得しやすい環境作りのため、管理職の研修を行う。

[対策]

・令和元 年9月~ 管理職へのアンケート調査による実態把握
・令和元 年9月~ 研修内容の検討
・令和元 年9月~ 研修の実施